「スキンケア」カテゴリーアーカイブ

肌の衰えを感じる悲しい日々

40歳を過ぎてから急激に肌の衰えを感じます。やっぱり老いには勝てないんだなぁ…と鏡を見る度に実感し、現実を目の前に切なくなります。

という私も、20代はメイクしたまま眠っても、徹夜した翌日も肌が荒れることさえありませんでした。正直、「くすみ」という言葉の意味も理解できない程、肌の悩みとは無縁でした。世の中の多くの若者がそうかもしれませんが。

http://www.sonemus.com/

それが今は、「くすみ」とは正に現在の私の肌のことだ!と自信を持って言えます(笑)!笑うと目立つ目元のシワ、下がってきた頬、透明感のない全体的なカサつき、どんどん目立ってくるシミたち。。気になる事をあげたらきりがありません。

エステや美容クリニックに通うことができたら少しは改善されるのかもしれませんが、経済的、時間的にもそんな時間はなく、同年代の肌の綺麗な方を見つけては落ち込む日々です。

お風呂にゆっくり浸かって血行を良くする、顔のマッサージをする、化粧水をたっぷりつける等、できる限りの事をして努力はしていますが、目に見える変化は殆どありません。このままどんどん衰えていく一方かと思うと焦りと不安しかありません。もちろん、人間生きていれば老いて行くのは当たり前、肌の衰えも生きている証!と分かってはいるのですが、やっぱりキレイでいたいと思ってしまうのです。これからも良い美肌活を探し続けます!できればプチプラで(笑)!

スキンケアは必要ななのか?

高い化粧水、乳液、パック、導入液・・・・・・凝りだすとどんどん増えるスキンケア商品。
ミニマリストとして、あれこれ物を増やすのが嫌で、以前本当にこんなにたくさんのスキンケアが必要なのかとネット検索したことがあります。
大体、意見は二つに別れます。

http://nutanix-event.jp/

スキンケア必要ない派と必要派です。
必要ない派にとってスキンケアとはやればやるほど肌を甘やかし、自衛力が下がるというのです。
本来肌には油分など必要な成分が出るように作られているのに、化粧水など余計な物をつけることによって肌からの分泌が減り、より一層スキンケアが必要になるという物です。
これには私も納得で、実際「肌断食」なるものに挑戦した事があります。
最初の頃はカサカサしていましたが、日が経つにつれ気にならなくなりました。
これはスキンケア必要ないのでは?と確信を得ました。

しかし夏になり、私の肌はギトギトになるようになりました。
化粧をしてもファンデーションの上から大量の油が出て、肌の色もどこか土色のようなくすみがあり透明感がないような気がしました。
そこでスキンケアやっぱりいるじゃないか!!と思い、化粧品売り場のお姉さんに相談してみました。
お姉さんは販売員なだけあって、スキンケアは必要派でした。

皮脂がでる原因は乾燥。乾燥を防ぐには化粧水と乳液!塗れば油はでません!
と、合わせて1万円程度する化粧水と乳液を買いました。
塗った当日はぎっとぎとで、まるで改善されません。
きっと1ヶ月後には改善されるだろうと思っていましたが

なんということでしょう。
全く改善されません。
ニキビは増えるし、ギトギトも増えるし、髪の毛までギトギトしだしました。

結局の所、肌は生活に左右されるもので、脂っこい物を食べて夜更かししていればどんな化粧水をしてもギトギトになるし、
規則正しい生活で暴飲暴食をしなければそこそこに保たれた肌になる、というのが私の感じた物でした。

化粧品で肌は白くならない、きれいにはならない。
生まれ持った肌色を健康に保つこと以上の事はできないでしょう。

ストレスが原因でひどくなったニキビ

私は学生の頃まで自分の肌に関して特に気にしたことはなく、スキンケアも特にこだわらず、なんとなくよさそうな物を使ってました。

そんな私がお肌に悩みを抱えだしたのは大学を卒業し就職したころ。

いわゆる「大人ニキビ」というものです。特にフェイスラインに増え始めました。

今まで雑にしていたスキンケアを見直そうと色んな商品を使い始めました。

思い当たる限りに書き出すと、、

ハトムギ・キュレル・雪肌精・オルビス・エトヴォス・イプサ等など、、、

気になると思ったら美容液やクリームまで全部ほしくなってしまうタイプなので

そのブランドのスキンケアシリーズを買いそろえて使っていました。

http://www.shoko-asakura.com/

が、一向に良くなることはなくむしろ悪化していきました。泣

治ってもニキビ跡が残ってその周辺に新しいのができる、という繰り返しなんです、、

その後、我にもすがる思いで飛び込んだ皮膚科の薬も合わず、、

心配した友人から言われたのは「ストレスが原因なんじゃない?」

確かに新卒で就職した会社はマッサージ店だったんですが、夜遅くまで仕事だったり生活リズムが定まらなかったし

休日は少なく、友達とも遊べず、家に帰ってもすぐに寝てしまうくらい忙しい日々を送っていて、そんな生活が嫌で仕事にやりがいも感じられませんでした。

悩んだ末その会社を退職しました。そのストレスから解放されたからか肌荒れが見違えるほど改善しました。

特にスキンケアや食事も変えていません。

ニキビ跡も時間はかかりましたが今は綺麗になっています。

それ以降、私は環境の変化やストレスが肌に出てしまうタイプなんだなと学び、

心に余裕を持てる生活を意識しています。

ニキビと私の戦いについて

それを初めて発見したのは中学生の時でした。丸くて白くて痛いもの、それがニキビでした。ビマジオの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用したアラサー女子の口コミ&評価!

私の肌質はやや脂っぽく、鼻や顔周りには脂がたまりやすかったため、ニキビができやすい顔でした。脂っぽいだけではなく、冬は乾燥しやすいのに、顔だけテカテカしていることもありました。更に兄もできやすく、顔はブツブツ。大きいものから小さいものまで治ったと思ったらまたできるを繰り返していました。

最初は面白くつぶしたり、そっとつついてみたりしましたが、悪化するばかりで良くなることは当たり前ですがありませんでした。私は段々増えていくニキビに恐ろしさと怒りを覚え、対策を講じることにしました。ニキビへの宣戦布告です。

パック・化粧水・クリーム・・・色々な物を試しましたが思春期の肌にはいまひとつ、それどころか悪化するものまでありました。

そんなこんなで成長したある日、私は画期的な解決策を見つけました。とても単純なことで、1日8時間寝るというものです。今までは不規則な生活でしたが、しっかり眠ることによって肌質が改善しました。私のものは思春期ニキビで成長した結果治ったのかもしれませんが、これにて私とニキビの戦いは一件落着したのでした。

ニキビの悩み

大人ニキビで悩んでいます。私のイライラ解消法は、夜、家族が皆寝た後、一人、リビングで大好きなチョコを食べることです。本当に、ほんのちょこっと高級チョコをワインと頂くだけなのですが、それを数日繰り返してしまうと、顔にニキビが発生しています。

ライスビギンの効果

けっこう、ボコッとなり、子どもにも、お母さん、それなあに?と指摘されてしまうと、凄く悲しくなります。肌もザラザラしてしまいます。そして、一度ニキビが発生すると、これはまずいとチョコを食べるのを、ストップするのですが、なかなか治らないことです。

自分の顔を鏡で見たり、お化粧するのも嫌になってしまいます。ファンデーションで隠してみようとしても、ボコッとしているので、ニキビがあることがわかります。そして、憂鬱な気分になり、急用でない限り、外出したいとは思いません。人と会わないように極力努力をすることになります。そうなると、布団の中で一日中過ごすことが増えます。

そして、ようやく治ると、嬉しくなります。その後、しばらくして、またチョコとワインの夜の楽しみが忘れられず、食べ始めてしまうと、またニキビが発生します。ニキビに悩まされず、大好きなチョコを好きなだけ食べたいです。

どうにかしたい!目の下のシワ…

このところ、秋から冬の乾燥も手伝ってか、最近目の下の皮膚の乾燥がどうにも解決できません。

対策として、眠る前にアイクリームもしっかり塗っているし、たるんだ皮膚に張りを与えるという化粧品も併せて使っています。なのに、いくら効果な商品を使っても全然変化がなく、効果を感じません。

モイスポイントは販売店で購入可能?市販状況や私の口コミ効果をレポートします!

朝はなんとか化粧もして、きれいめに誤魔化して出勤するのですが、休み時間などに鏡を見ると、しわしわでゾッとする顔が写っています。水分がどんどん抜けてしまっているのでしょうか…これが自分だとはとても認めたくありません。そのため、最近は鏡を見るのが嫌になってきています。

皮膚が乾燥しているためか、むず痒く感じることもあり。ついつい指先でかいてしまうことも。するとさらにシワが深くなり、最近では色素沈着を起こしているのかなんだか茶色っぽくなってきたように感じます…。

確かに年齢的にも50歳も近くなってきていますし、老化と言われればそれまでなのかもしれません。ですが仕事もしていますし、やはり見た目にもこだわりたいし老いも認めたくありません。もう少し見映え良く生きていきたいものです。

なにか手軽に改善できる方法はないかといつも悩んでいます。

肌の悩み 20代から30代になってから肌変わる

私は、肌トラブルに悩んでいます。

20代の時には、悩みが1つもなく肌綺麗と言われていたのですが、

30代に入ってから、肌が変わり始めてた気がしてます。

20代のファンデーションを塗っても綺麗になるのに、

30代になってからは塗りムラが出来たり、ファンデーションを変えても、基礎化粧品を変えても20代の時のように綺麗にならない。

歳を取り、肌が変わるということはこういうことか。

と思い知って、今も試行錯誤しております。

ポラッシュを辛口評価!実際に使用した効果と私の口コミ!

朝、忙しかったりするが、ケアは手を抜かない。夜には、メイク落としに洗顔料、マッサージクリーム、化粧水、乳液、美容液など、

年齢に負けない、年齢相当にみられるように努力を惜しまないこと。

普段、家にいることが多いのでウォーキングをしたり、肌の見た目だけではなく、

身体の中から健康を意識して行動すること。

たまに、やる気が起きないこともあるので、その時は無理やらず、

ダラダラ過ごす、手を抜くことも忘れない。

身体にいいこと、食べ物は試すだけ試してだいたい三日坊主で終わりにしてしまうがそれもありだと、自分に言い聞かせて。

ストレスになることが良くないのでね。

ストレスになる食事制限もしない。

肌悪くなるかな。とかは考えますが結果的には食べてしまう。

肌悩みは尽きることのない悩みだと思いますが、

上手く肌悩みと付き合っていきたいと思います。

禁煙後のほうれい線について

20代半ば頃からほうれい線に悩んでいました。効果はどう?ととのうみすとを購入して3ヶ月間使用したアラサー女子の口コミ

当時私は接客業に携わっていました。

作り笑顔をたくさん作った日の夕方は最悪でした。くっきりとほうれい線が浮き出て、ファンデーションがみぞにたまり、朝と夕方で+5歳は歳をとっていたように思います。仕事後のデートは、そこにさらにコンシーラーやファンデーションを重ねて、時間がたつとまたほうれい線が気になり、どんどん厚塗りになっていました。

ほうれい線用のコンシーラーや美容液なども試していましたが、中々結果も出ませんでした。ベロを口内で回す美顔体操は少し効いた気がしましたが続きませんでした。

そんな中1番効果的だったのが禁煙でした。

30過ぎで結婚、妊娠を希望していたので禁煙をしました。

しばらくすると、肌にはりつやが出てきたような気がしました。そして気がつくと夕方のほうれい線が気にならなくなっていました。また、化粧直しも厚塗りになりにくくなりました。

現在34歳、加齢により多少ほうれい線の悩みはありますが、禁煙前に比べ美容液の効果を実感できるようになりました。

出産子育てをへて少し太りましたが、その効果もプラスされてほうれい線は前よりなくなって、自分としては満足しています。

私のお肌の悩みはお化粧をすると肌が荒れることです。

私のお肌の悩みはお化粧をすると肌が荒れることです。その理由はきっとお肌が弱いんだと思います。なのであまりきついお化粧はできませんしなかなか思い通りにすることができません。正直言うと気持ち的に不安定ですしなかなか思い通りに行かないことが多いので嫌な気持ちが多いです。

チェルラーブリリオを徹底レビュー!効果口コミから解約方法までをお届けします!

ただ、私はお化粧をきつくするよりもお肌の地肌をきれいにしていく必要があると思っているので基礎化粧品はしっかりとする予定でいます。なかなか思い通りに行くことが少ないですがそれでもなんとか頑張ってお肌の調子を整えるように心がけています。あとは、子育て中はストレスがものすごくてそれでお肌が荒れてしまうことも多いです。

なかなか思い通りに進まなくて困っていますがそれでもなんとか毎日頑張っているのでこの頑張りを継続していきたいなと思っています。あまりしっかりとしたお化粧品を使えないので困ってしまいますがやっぱりそれなりに自然な感じですごそうと思っています。私はまだまだお化粧が下手くそなので、お肌に良いと思われる基礎をしっかりとしていきたいなと思います。なかなかお肌のことは自分にしかわかりませんし自分が一番良く知っていると思うので様子を見ながらやっていきます。

突然現れたほうれい線の赤み

学生の頃はニキビがポツポツと出来たことはあったが、ひどい肌荒れもなく、肌トラブルとはどちらかと言えば無縁な生活を送っていた。

しかし、若さに甘んじて化粧をしたまま寝ることや日焼け止めを塗らず外出等、スキンケアを怠っていたツケがある日突然やってきた…

ラントゥルース

20代後半を迎えた冬。

去年までと使っているスキンケア商品は変わらないのに、突然唇がカサカサになった。

その翌年。

突然ほうれい線や小鼻に赤みが出るようになった。

最初は時々赤みが出る程度だったため気にせずコンシーラーで赤みを隠して過ごしていたが、年々酷くなり、ほうれい線周りが乾燥して笑っただけで赤みが出てピリピリし、最終的には何もしなくても常に赤みが出るようになった。

流石にこれはまずいと思い皮膚科に通い始め、ステロイドを処方してもらい、医師から特に説明もなかったため、数ヶ月塗り続けた。

それでもよくならず、皮膚科へ行く度に、ステロイドを弱めた薬を処方され昨年塗り続けた。

こんなに皮膚科に通っているのによくならないのはおかしいと思い、別の皮膚科で診察を受けたところ、薬に依存しすぎるのもよくないとアドバイスと共に別の薬を処方してもらうと、すぐに赤みが引いてびっくり!

そもそも、赤みが出始めたり原因を皮膚科の先生と話し合ったところ、寝不足等の不規則な生活・スキンケアの怠りが原因だったようだ。

今ではメイク用品よりスキンケアに力を入れ、ノーファンデで外を歩けるようになることを目標に日々保湿を頑張ってます!

ニキビ対策にやってみたこと

睡眠不足だったり栄養バランスが悪かったりするとニキビが出やすい体質のようなので、改善のためにいろいろと試してみたことがあります。もちろん睡眠時間はたっぷりとり、栄養バランスも考えた食事をすることは必須です。さらにやってみたのはスキンケアです。

FACEEリキッドセラムプラスを使う効果!

これまであまりスキンケア商品を使っていなかったのですが、保湿クリームを使ってみることにしたのです。それまでの私は、洗顔後も面倒くさくて化粧水や乳液といった基本的なものさえ使ったことがありませんでした。忙しくて疲れている時などはとにかく早く寝たくて、メイクを落とさずに寝てしまっていたこともあります。これでは肌に良くないと思い、きちんと洗顔フォームやメイク落としを使うようになったのです。

洗顔後、化粧水や乳液、美容液、保湿クリームというように、しっかりスキンケア商品を使うようになってからはニキビが出なくなりました。何となく化粧のノリも良くなったような気がします。やはり毎日のスキンケアは大事なのだと思いました。
ニキビは大人になると出にくくなるとはいえ、ホルモンバランスや生活環境などが関係してくることもあります。体調を整えることは基本中の基本だと思うので、より一層、規則正しい生活を心がけているところです。