「ダイエット」カテゴリーアーカイブ

ユニークなダイエット方法

 ダイエットをする時、何から始めていいか迷うと思います。色々試しても効果がなく、飽きてしまったという方もいると思います。そんな方にユニークなダイエット方法を紹介します。

http://www.urbanpiraten.org/

 左手ダイエットです。内容は非常にシンプルで利き手と逆の手で食事をする方法です。お箸やスプーンなどが上手に扱えないので食べるスピードが遅くなり余計に食べることが無くなります。食べるのが遅いとよく噛んで食べるようになり消化にいいようです。

実際にやってみた人に聞いてみると、なかなか食べることが出来ずゆっくり食べるので、意外に食べる量が減った。と言う感想でした。この方は3か月実施して6㎏のダイエット効果が有った様です。しかし問題が一つあり、逆の手で食べているうちに、慣れてしまう事です。慣れると食べるスピードが元に戻りリバウンドの恐れがあるそうです。当分の間は胃が小さくなっているせいか食事の量も少ないそうですが気をつけておかないとリバウンドになるかもしれません。

日頃のダイエットに飽きてしまったら、この様なユニークなダイエットを試してみてはいかかでしょうか。継続的にするのは難しいですが一時的な効果はあるようです。一度試してみるのも面白いかもしれません。

白湯を飲むことからはじめましょう

日常生活にダイエットの習慣を組み込むということが重要です。とにかく日常的なダイエットというのができれば最高であるというのは間違いないわけです。まず、常識的なことではありますが、ダイエットで考えるべきことは摂取するカロリーとか運動によって減らしていくカロリーとかそういうことです。

メタシボリの効果

そんな中でまず取り入れた方が良いものとしてあるのが、水を飲むことです。朝起きて水をしっかりと飲むということによって体の中の悪いものを外に出しやすくなるということがあります。出来れば白湯がよいです。腸を動きやすくすることができます。これによって排泄をスムーズに行うことができるようになります。男性でもそうではありますが、これは特に女性にお勧めできることになるでしょう。

また、食事をするときには順番を大事にすることです。汁物から手をつけて、野菜、肉、そして炭水化物というような流れで食べていくことがベストです。

要するに和食の食べ方であるわけですが、これをしっかりとすることによって日常的に大きく逸脱したカロリーを摂取してしまうとかそういうことは避けることができるようになります。こうしたことからちょくちょくとやっていくとよいでしょう。

今流行りの糖質制限ダイエットについて

24歳男性の会社員です。今回は私が実際に糖質制限中に学んだことをお伝えします。グラマスパッツ

今や糖質は悪者というイメージさえありますが本来糖質は脳と身体を動かすための大事なエネルギー源です。

しかし「糖質の過剰摂取=体脂肪の増加」というのも事実です。

摂取した糖はエネルギーとして使われなければ行き場を失い体脂肪として蓄積されます。

糖質制限・カットは糖質の摂取を控えることで過剰摂取を防ぎ、体脂肪の増加を防ぐダイエット方法です。

そこで知っていてほしいのが「カットしていい糖と摂取しないといけない糖がある」という事です。

そこを知らずに単に糖質をカットしていては大きなリスクがついてきます。

まず、摂取しても良い糖は「ブドウ糖」です。逆に摂取しなくて良い糖は「果糖」と「ガラクトース」です。

脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足すると脳は死んでしまいます。

脳が死なないように優先順位の低い筋肉を破壊することでブドウ糖を生成し脳へ供給し(糖新生)、その後臓器・骨・血管・体脂肪などを破壊し糖新生を行います。

(組織を破壊するため結果的には痩せれますが、というよりヤツれるという表現です・・・)

故にブドウ糖は必ず摂らないといけない糖であり、知らずにブドウ糖をカットしていると各種疾患のリスクが高まり寿命を縮めてしまいます。

女性は特に閉経後に女性ホルモンの分泌量が減ることで骨密度が下がる傾向にあります。知識なく糖質カットを行っている女性は特に注意が必要です

簡単!オートミールダイエット!

私が実践しているダイエットはオートミールです。http://mumoftheworld.com/

朝ご飯とお昼ご飯の炭水化物をオートミールにしています。

夜ご飯は炭水化物を摂っていないので私の炭水化物はほぼオートミールから。

オートミールはGI値が低く食後の血糖値が上がりにくいんです。

つまり血液中の糖分が吸収されにくいので太りにくく、さらに眠くなりにくいんです。

なので仕事の日はかならず朝ご飯とお昼ご飯はオートミールを食べるようにしています。

おススメの食べ方はお茶漬けの素とお水を入れてレンジでチンするだけ。

もちろんこれだけでは他の栄養素が足りないのでいろいろ食べますよ。

バランスを考えて鳥胸肉やブロッコリー、バナナなどを一緒に食べています。

それだけでお腹いっぱいになるの?と思うかもしれませんが実際お腹いっぱいにはなりません。

でも満足感はあるし腹もちも良いのですぐにお腹が空いたりすることはありません。

朝ご飯とお昼ご飯をオートミールに変更して3ヶ月で6㎏のダイエットに成功しました。

それ以降も同じ食生活を続けているので体重はキープしています。

休みの日にはラーメン食べたり、夜ご飯にはお酒飲んだりしているのでストレスなく続けられています。

調理も簡単ですしアレンジもたくさんあるのでおススメです。

ダイエットをするには食べモノと時間を守ることがおすすめ

自分がダイエットを行ううえで1周間で1,5キロ痩せることに

成功しました。http://www.one2seven.org/

その方法のメニューが肉を食べ、22時以降は食事をするときは

野菜のみを食べる。ご飯を食べるときには朝と昼だけ済ませること

がおすすめです。(ご飯を食べるときにもいつもの半分の量にする)

これだけで自分は痩せることができました。

日頃からデスクワークの仕事を行なっており、ダイエットは

全然行なっていませんでした。

しかし、1年間の間でスーツを二回も買い換えるということに

自分の体重を量ってみると1年間で5キロも増えている状況

だったのです。

これの理由はあきらかでした。朝昼晩の食事は当たり前で

間食にはおやつを食べており、飲み物は糖分が含まれている

飲み物、カロリーのことなんて気にしていませんでした。

このことを考えてみると太るのは目に見えていますよね!

短期間で痩せることができるだろうと気がゆるんでいたためか

土日にウォーキングをして汗を流すも食べる量が多ければ

痩せることはありませんでした。

しかし、肉を主食して食べることで痩せられるとテレビで

取り上げられていたので、挑戦してみると本当に体重を落とす

ことに成功しました。

毎日ご飯を食べていた自分にとって、肉だけを食べるという

のは何か不思議な感じはしますが、挑戦してみると意外と

楽しかったです。

やはりライスとパンを少し抜くだけでも体重に変化すると

いうことには驚きです。

私はダイエットのために一日プロテインのみという日があります。

私はダイエットのために一日なにも食べないでプロテインのみという日があります。

その理由はプロテインを飲むともうほかにいらないと感じるからと、超の調子を整えると体にいいということを知っているからです。なので最近は一週間に一回は必ずプロテインのみだけという日をつくっています。

その方がお金もかかりませんしその方が絶対にいいと思っているからなんですよね!だから最近はずっと続けられているのだと思います。私はなんだかんだ言ってけっこう三日坊主なところがあるのでなかなか思い通りに行くことがなかったのですがやっぱり気持ち的にもそれじゃあよくないよなと思って今回の行いをしようと思いました。

結局自分の気持ち次第だと思うのですがやっぱりなかなか私のような性格では長続きしないと思ったために自分ができる範囲の努力をしようと思いました。なので自分ができる範囲のことをしたら結局できるようになったので間違っていなかったのだと思っています。

それにこのままではもうどうしようもないというくらい辛い時期もあったので今できているんだと思います。今行っていることはとても自分にあっているのでこのまま長く続けていきたいなと思います。頑張ります。

運動嫌いにはオススメなストレッチ

私は、筋トレがとっても苦手で

・マッサージ

・リンパリ筋膜リース

・ねじり体操

入浴時に、マッサージなどをして

一週間で1kg痩せました。

それを一ヶ月続けるとなんと3kg体脂肪率が3%以上下がっていたので

このダイエットはとってもオススメです。

マッサージは、

お腹、ちょうもみ

足首

太もも

足の裏

すべてを揉みます。セルフです。

そして

リンパ筋膜リリース

・リンパ節の太い場所

首は、前後左右筋肉を骨から剥がすように30秒ほどかけて筋膜リリースします。

背中

背中は、確実に両手をクロスさせて届くところへなるべく伸ばすようにして

筋膜リリースをします。

太もも丁寧にももほぐします。

力が弱いので、リリース棒を使っての方が楽です。

ねじり体操は、動画を見ながら

・セルライトを潰すイメージでねじります。

・全身をねじるコツなど掴み始めると確実に痩せ始めます。

とっても汗をかくのですが筋トレとは違い継続しやすく

結果気がついたら体脂肪が痩せていた

そして気がついたら体重も痩せ始めた

食事は規制なく食べても大丈夫でこの3点

・筋膜リリース

・ねじり体操

・マッサージ

これが、簡単にセルフで出来て気軽にできた運動でした。

実績一ヶ月で3%体脂肪が下がりました。

体重は3kg以上痩せました。

筋トレはダイエットによいのかどうか

ダイエットで大事なのは脂肪を落とすことであるのか筋肉をつけたいのかというような二つの方向性のどちらを選ぼうとするのかということです。ちなみに両方とも選ぶこともできるようにはなっていますから、それも良いのですが難しいということではあります。

具体的にいいますと例えば脂肪を落とすのであれば、有酸素運動が必須ということになりますが筋肉をつけたいのであれば無酸素運動を、つまりは筋肉トレーニングなどをすると言う必要があるわけです。筋肉トレーニングで痩せるということは最終的にはそうなる可能性はあるのですが実際問題かなり難しいところも多いです。

何故かといいますと筋肉というのは別に脂肪と一緒に着くという可能性がありますので筋肉がついた分、体重は間違いなく減っていくというよりは増えてしまうということの方が多いからです。ですから体重を減らしたいタイプのダイエットと言うのであれば基本的には食事制限と有酸素運動をメインに行うと言うべきであるのは間違いないです。

それこそがダイエットの大原則であるといえるでしょう。そこを間違えないようにしましょう。しかし、筋トレにも色々とメリットがあるのも間違いないことであり、それもやりましょう。

ジムメニューを参考に?継続できる運動計画

皆さんもダイエットをしようと決意したことはありませんか?

私の周りの人たちも常にダイエットをしている人ばかりでした!

しかし、その人たちのダイエットで成果を上げているのを私は見たことがありません(笑)

実際、私も過去に何度もダイエットを計画しましたが1カ月持たずに終了。。。

どうしてそんなにもダイエットの成功率は低いのか、そして何か継続できるコツみたいなものはないのか私は考えました。

そこで、私が出会った本があります。Daigoさんが書いている「超習慣術」という本です。

この本には、タイトルの通り習慣をつけるためのコツが書かれています。

この本を通して得た知識をもとに私はまた運動を始めてみました。するとなんとしっかり運動の習慣をつけることができました!

今では、週に3回ジムに通うことができるほどまで習慣づけすることができました。

これから「超習慣術」で書かれている私が結果を出すことができたコツをいくつか紹介していきます。

まず、前提にDaigoさんは人間は自分の意志や根性だけでは絶対に習慣をつけることができないので無意識のうちに習慣にしたいことを行うべき述べていました。

では、どのようにすればそのようなことが可能になるのか?

それは、「すでに身についている習慣の後にやりたい習慣を+するということです」これは「If Then planing」といわれるものです。

例えば、歯磨きが終わったら腹筋10回をする。朝食後スクワット20回するといったようなものです。

しっかりとやる時間を的確にすることで習慣にしやすくなっていきます。さらに、その日にしっかりと運動することができたら記録をつけることで効果が増すといわれています。

以上の2つのことに注意すれば確実に習慣になる確率は上がっていくと思います。

皆さんでダイエットの習慣をつけて健康的な世界にしていきましょう!