「バストケア」カテゴリーアーカイブ

ダイエットしたいけど胸は大きくしたい

結婚式の予定が経ち、ダイエットを頑張ってしていました。しかし体重が落ちると同時に胸のボリュームが先になくなるため、積極的なダイエットができないようになりました。それでももっと痩せた姿で結婚式を迎えたいと思っていた矢先、友人から正しいブラの付け方をレクチャーしてもらいました。バストとその周辺のぜい肉をおっぱいに変える方法だから胸は小さくならずむしろ大きくなると言われたのです。

http://www.hudsonvalleybandbs.com/

まずはブラの選び方から指摘され、昔測ったサイズではなく、今の自分にあったブラをしっかり着けるよう言われました。また、ブラの肩紐を短くし胸の位置を高くするように装着。そこへ、わきの下や背中からぜい肉を持って来て自分のブラに収める。すると普通に装着するより1~2カップも大きい胸に変身しました。そこから、毎日ブラの装着には気を付けかつダイエットに励みようになってきました。

その後しばらくしてドレスの試着を再度することがあり、前回と同じドレスを着用したところ、ウエストは細くなり胸が大きくなっていると指摘されました。これには私も大喜び!ドレスの調節をしてくれる方もこんな方珍しいです、どうやったんですか?と質問をされるほどでした。結局、結婚式には体重を6キロ落とし胸はダイエット前から1カップあげてEカップで式に出れました。ブラの正しい着け方を教えてくれた友人に本当に感謝です。

貧乳女子の悩み

貧乳であるがゆえに、悩みを抱えている女子は多くいます。

そんな貧乳女子の悩みをいくつかご紹介します。

・異性に魅力的に見られない

異性に魅力的に見られないと感じる女性は多くいるそうです。

確かに男性の多くは胸が大きい女性が好きでしょう。

しかし、男性の好みもそれぞれのはずです。

最近はぽっちゃり女子が好きな男性もいるので、貧乳女子が好きな男性も絶対いるはずです。

そんな男性との出会いを見つけに行きましょう。

・合うブラジャーが少ない

最近は、かわいいブラジャーが増えてきていますが、いざ買ってきてみると、ぶかぶかでショックを受ける人も多いとの事です。

いくら表記にAカップと書いていても、いざ着てみると全然合わないなんて事が、あるのです。

http://www.triathlon-mp.com/

こんなに世の中にはかわいいブラがあるのに、自分に合うブラはないのかと、落ち込む貧乳女子が多いのです。

・水着を着る自信がない

海といえば、やっぱり水着です。

しかし、そんな水着でも合う物も少なく、さらに友達はバストがしっかりあり、可愛い水着を着ているのを見てしまうと、気後れしてしまい、素直に楽しめなくなってしまいます。

そんな事がいやで、誘いに断る人もいるとか。

ですが、せっかく海に来ているので、今は悩まず貧乳の事は置いといて友達と楽しむ事がいいでしょう。

・まとめ

貧乳女子の悩みはここで紹介した事の他にもまだまだあります。

そんな悩める貧乳女子に寄り添う人が増えるといいですね。

子供のころから「そばかす」を気にする生活

物心ついたころから「そばかす」があり、私自身より母親が気にして毎日日焼け止めクリームを塗り、外出時は帽子をかぶせられていました。子供のころからひどかったのでしょうが、そのころはべたべたするクリームもうっとおしい帽子もとても嫌でした。

年を重ね、日増しに「そばかす」が増え、色も濃くなっています。

ヴィアージュビューティーアップナイトブラ

今となっては、子供のころもっと母親の言うことを聞いておけばよかったと思っています。今は逆に良い日焼けどめクリームや美白美容液などを自分で探し、日焼けしないよう常に気を付けて生活しています。美容皮膚科へ行き、レーザー治療も何度も試みました。しかし、痛いしコストもかなりかかる割にはすぐに新しい「しみ」や「そばかす」が出来てしまいます。

今は皮膚科で購入しているハイドロキノンクリームを使用していますが、効果はそれ程感じられません。コロナのおかげと言ってはいけないのでしょうが、マスクを常に使用することに違和感がない世界になってくれたことは、正直嬉しいと思っています。

以前は冬以外にマスクをしていると、「風邪ですか?」と言われてしまう事多かったからです。マスクは気になる「そばかす」を隠すことももちろんですが、紫外線予防にも役立つのでお肌に悩みを抱えている人にとってはとてもありがたいものなのです。シミのないきれいな肌で生きてみたいです。